2020年12月号『ザ・フナイ』

定価 1,650円(税込)
販売価格 1,650円(税込)
【マス・メディアには載らない本当の情報】がここにある。

2020年12月号 『ザ・フナイ』
特集
陰謀論にダマされるな!思考停止が世界を悪くする


◆特集
陰謀論にダマされるな!思考停止が世界を悪くする

巻頭対談:
切手で読み解く世界の裏側
内藤陽介&舩井勝仁


◆連載
副島 隆彦
フリージャーナリスト
連載テーマ「誰も書かない世の中の裏側」
今月号タイトル:朝鮮王妃を殺したのは本当にマズかった。日本の国家犯罪である

古歩道ベンジャミン
フリージャーナリスト
連載テーマ「新しい時代への突入」
今月号タイトル:米大統領選という激震を読む

船瀬俊介
地球環境評論家
連載テーマ「マスコミのタブー200連発」
今月号タイトル:コロナ・ワクチンの罠 正体は恐怖の「遺伝子治療」だ!

飛鳥昭雄
サイエンスエンターテイナー
連載テーマ「情報最前線――未来への指針」
今月号タイトル:GHQを引き継いだCIAの「在日による大和民族分断プロジェクト」‼特別編シリーズ(21)

安西正鷹
『みち』論説委員
連載テーマ「お金の謎に迫る」
今月号タイトル:時間とお金の関係を読み解く(23)

金原博昭
オリオン形而上学研究所 代表
今月号タイトル:チベットの5つの霊的進化の手法《その》

松本紹圭
一般社団法人未来の住職塾塾長
Post-religion:宗教を超えてつながる世界へ

◆短期連載
杉原哲也
社団法人千畝リベレーション協会代表理事
杉原千畝の真実を求めて 最終回

前田和男
ノンフィクション作家
異聞琅覆力6盻兒姚甬搬雫蘯]塞雲録(第二部)


◆読み切り
松尾みどり
今月号タイトル:大切なことは、私たちは宇宙由来の存在であることを知り何のために生まれたのかを思い出すこと

新垣 玄龍
今月号タイトル:マインドフルネスとの出会い


◆コラム
渋澤健
赤塚高仁
片山エリコ
早川友久
土井広文
masany

◆今月号の見どころを、一部ご紹介

巻頭対談
内藤 陽介 & 舩井 勝仁
切手で読み解く世界の裏側
――――――――――――――16ページ
舩井 本誌はどちらかというと陰謀論を煽っていると評されがちなのですが(笑)決してそういうわけでもなく、諸先生方が「真実だ」と確信された情報を発信してくださっています。
内藤 さまざまな見方があるのは良いと私も思っています。ただ、受け取る側は、娯楽としてと言ったら言い方が悪いかもしれませんが、そうやって楽しんでいる分にはいいですが往々にして行き過ぎてしまう方が多いので、気を付けていただきたい思いもあって『みんな大好き陰謀論』を書きました。
舩井 そうですね。本誌も、諸先生方が書いておられることを表層だけ受け取って、まるで自分の意見のように広める方が時々おられることを危惧しています。
ご自身がある程度理解した上で広めていかれるのはいいのですが、ただ先生方の書いておられることに乗っかって、極端に何かを決めつけてかかってしまうのは危ない。
内藤 その手の方って、すべて「○○が悪い!」「××の陰謀だ!」という方向に持っていってしまいがちですよね。そこで思考停止をするのは極めて危険だと私は感じています。


短期集中連載
杉原 哲也
杉原千畝の真実を求めて
【最終回】「 命をつなぐ勇気」を未来へ
――――――――――――――142ページ
 人間の心とは本当に不思議なものだ。
 仰ぎ見る精神の高みに上ることもあれば、忍び寄る紛らわしい悪にとらわれて、いつの間にか右往左往しつつ地面を這うことすらある。
 崇高な精神を厳格に守るべきとき、そこには一片の妥協も許されない。
 あるときは、要領よく妥協したほうが「賢明」に見えることもあるだろう。しかし、臆病で自己中心的な妥協は、その精神を殺す。
 千畝が自身の人生として、すべてを懸けて見せてくれたのも、そのことなのだと思う。それを一言に凝縮するなら「勇気」という言葉だろうか。
 私はこの連載で人間としての杉原千畝を表したかった。
 そして同時に欲にまみれた偽善には、もう嫌気がさしている。


『ザ・フナイ』ってどんな雑誌?

【マス・メディアには載らない本当の情報】

選りすぐりの豪華執筆陣による、新聞・テレビなどが報道しない世界の裏の動き・情報を、毎月お届けしています。経営コンサルタントであった故・舩井幸雄が、日本と世界の将来を見据えて2007年に創刊した雑誌。舩井幸雄が自らの多様な人脈の中から選りすぐった豪華執筆者からの情報をはじめとして、まだ広く知られていない諸分野の情報、先がけた情報を、偏った一方的な見解ではなく様々な視点を用いて、毎月お届けしています。

→→年間購読のお申込みはこちらから!←←


連載執筆者

funaikatsuhito舩井勝仁
本誌主幹


soejima副島隆彦
評論家、副島国家戦略研究所<SNSI>主宰
連載テーマ「誰も書かない世の中の裏側」

ben古歩道ベンジャミン
フリージャーナリスト
連載テーマ「新しい時代への突入」

funase船瀬俊介
地球環境評論家
連載テーマ「マスコミのタブー200連発」

asuka飛鳥昭雄
サイエンスエンターテイナー
連載テーマ「情報最前線――未来への指針」


shibu渋澤健
コモンズ投信株式会社会長
連載テーマ「変化を捉える価値視点」

『ザ・フナイ』を発刊する想い
funa「ザ・フナイ」は、経営コンサルタントだった故・舩井幸雄が、自らの多様な人脈の中から執筆者を選りすぐり、“マスメディアでは取り上げられない本当の情報”をはじめ、まだ広く知られていない諸分野の情報、先駆けた情報、および新しい世の中のヒントを提供したい、という強い意志と希望を持って2007年に創刊致しました。

『ザ・フナイ』を発刊するの目的は、世界の仕組み・事実を多くの視点から知っていただくことで、エゴからエヴァへの世界に向けてのヒントを感じていただけることを目的としています。

日本と世界の将来、地球と人類の行く末を真剣に考える人たちの意見を自由に掲載し、読者の皆さまに、さまざまな見方、意見、視点があることを充分にお知りいただいたうえで、どのような世界に自分は住みたいのか? をご自身で判断していく材料にしていただけるよう、多方面からの情報をお届けしています。

いま一番大事なのは、「自主」「自己責任」そして、それらを踏まえた「自由」です。
これまで積み上げてきた価値観が一気に崩れる瞬間をぜひご体感ください!



基本情報

□誌面サイズ:A5サイズ
□ページ数:243ページ
□料 金:
●1冊  1,650円(税込)
(送料サービス 代引便の場合、手数料が350円かかります)

●年間購読価格17,892円
(一冊あたり1,491円。送料・代引手数料込)
→→年間購読のお申込みはこちらから!←←

□代金のお支払い方法について : 代金引換便でのお届け以外にカード決済、払込票によるコンビニエンスストア及び郵便局に支払いによる、前払いにてお申し受けしております。

□海外発送について:発送は国内のみに限らせていただいております。


→→年間購読のお申込みはこちらから!←←
購入数

Top