株式会社エヴァ・ビジョン


【エヴァ・ビジョンとは】

株式会社エヴァ・ビジョンは、情報文化創造企業です。

「明るい未来を共に創造しよう」をスローガンに掲げ、
そのための気づきと学びのヒントになるような情報を発信していきたいと思っています。

お客様の豊かな人生を応援し、ともに成長発展をしていければ、
こんなにうれしいことはありません。
故・舩井幸雄最高顧問(以下、船井最高顧問)の本業は、
40年以上続けてこられた経営コンサルタントでした。

上場企業から中小企業まで幅広く経営アドバイスをし、
その企業の業績を伸ばし、「経営指導の神様」とまで
呼ばれるようになりました。
日本での経営コンサルタントの草分け的存在といえるでしょう。

30代の舩井最高顧問は、若くしてその実力を発揮し、
コンサルティングを次々に成功させ、
当時NHKの番組ではマーケティングの解説もしていました。

1970年に創業した(株)船井総合研究所は、
1988年には、世界で初めて、経営コンサルタント会社として
証券取引所に株式上場を果たしました。


上場を機に、それまで「コンサルタント」という肩書に眉つばをつけていた
多くの方たちからも信頼を獲得し、「船井」という金看板は多くの人に認識されました。
50代からは“カリスマ経営コンサルタント”という新たな呼ばれ方をされるようになりました。
その理由のひとつには、「経営哲学」や「成功への道」に形而上学的な、
いわゆる「精神世界」とも「目に見えない世界」ともいえる内容が 盛り込まれるようになったからでしょう。

当時、“世の中は目に見えることがすべてでない”という話に眉をしかめ、
舩井最高顧問から離れていった方も多くいたと聞いています。
しかし、20世紀も終わりに近づくにつれ
「地球や人類は、これからの時代にはどうなるのだろう」と考え気づいた人たちが、
舩井最高顧問のいう「エゴ(自我)からエヴァ(互恵)への道」の
提唱に共感しはじめ、徐々に人々に支持されていったのです。


「100匹目の猿現象」ともいえる「人々の生成発展する意識」が広がりはじめ、
事実、舩井最高顧問のいう「共生の時代」を創らねばという考えとともに
21世紀へ突入したといえると思います。

よく人は舩井最高顧問に対し「不思議なことやビックリ現象を公言する勇気のある人」
といいますが、決して「勇気」だけで発言しているわけではないようです。
高校時代に突然、髪がすっかり抜け落ちたり、さらに20代末に父と妻を相次いで
亡くし、小さな息子を抱えて困るというような数々の困難に最高顧問はぶつかりました。
そして、天からのギフトのように現在の妻、和子夫人と出会うのです。
さらにコンサルティング先の方々の数多い悩みなどを聞くにつれ、
「人とは何なのだ」「何のために人は生きるのか」「運命はあるのか」
「この世の役割とは何か」など、さまざまな問いを模索し、
79歳になった現在、「人間」を徹底的に研究し、
自らの論理で体系立てるまでになりました。
経営コンサルタントや経営者という枠を越え“人間研究家”になったように見えます。

宇宙理論や物理学、超心理学など、あらゆるジャンルを内包した、
いわば「船井理論」を構築した日本でも稀有な現実的思想家が、
「このままでは、日本も、人類も、地球も危うい」と直感し、
やむにやまれず発言していることが、人には「勇気ある行為」と受けとられたのではないでしょうか。

しかし、そこには船井最高顧問ですらコントロール不可能な「大いなる力」に導かれ、
「語らされて」いたのかもしれないと、私たち社員も感じるときがあります。
何故なら、想像を絶するハードワークの中にあっても、
決して笑顔をたやさず誰に対しても常に寛容で、
そこには何のエゴも欲心もないことを私たちはそばで見ているからです。

【船井本社グループ】 エヴァ・ビジョンストアでは、競争から共生の世の中になるための情報や商品をお届けします。

マス・メディアに載らない本物の情報・月刊誌『ザ・フナイ』や、今話題の方々にインタビューし、生き方、考え方、最新情報などをお届けする月刊CDマガジン『Just』を始めとした、世の中の最先端の情報を発行。セミナー、勉強会、イベントなどの企画推進をしています。


経営目標

「舩井幸雄のCD・カセット情報」や月刊誌をはじめとした
情報活動を介して、明るい未来への情報文化を創造し、
お客様の豊かな人生を応援し、ともに成長発展を目指す。


経営理念

故・舩井幸雄が提唱した数々の舩井流人生術、経営術などをベースとして
明るい未来への情報文化を創造する。



舩井幸雄プロフィール

funaiyukio
1933年 大阪府生まれ。
1956年、京都大学農学部農林経済学科卒業。
産業心理研究所研究員、日本マネジメント協会経営指導部長、
理事・関西事務所長を経て、1970年に(株)
日本マーケティングセンター設立。1985年3月に同社を
(株)船井総合研究所に社名変更。1988年、経営コンサルタント
会社として世界ではじめて株式上場。"経営指導のプロ"として
コンサルティングの第一線で活躍するとともに社長職、会長職を歴任。
2005年1月から同社最高顧問に就任。同社を東証、大証の一部上場企業
であり、わが国最大級の経営コンサルタント会社に成長させた。
現在、グループ60余社の総帥であり、(株)船井本社代表取締役会長を
務める。2014年1月19日、肺炎のため死去。81歳没。


舩井幸雄からのメッセージ

20世紀末から今世紀初頭にかけて、それまで、
予想もしなかったことが、たびたび起こるようになりました。
国内では、バブルの崩壊、ゼロ金利、地価の暴落など、
海外では、ソ連の崩壊、アメリカでの同時テロ、スマトラ沖地震
など・・・なにか、地球が大激変を始めたように思えます。

これらの大激変の時代を、どのようにとらえ、どう考え、
どのように対処していくとうまくいくのか。
私の仮説ですが、「世の中には、ムダは全くなく、世の中で起ることは、
すべて、必然・必要であり、しかも、ベストになる」と言っていいように思います。

2006年は人類と地球の歴史的なターニングポイントの年になりそうです。
私たちはかつてない時代の分岐点に立っています。
そして、2010〜2025年には、私たちがいままで正しいと信じてきた常識や価値観のなかの
重要な部分が、大きく変わっていくように思います。

いま起きている変化は、私たち日本人が経験した明治維新や
昭和20年の敗戦による変化の何倍、何十倍にもおよぶものと思われます。
いま、地球や人類の未来が、素晴らしい世の中になるのか、
逆に破滅に向かうのかという、大きな分岐点にさしかかっています。

旧来の生き方にとらわれず、自分の生きている意味や役割を知り、
新しい生き方を見出している人たちのなかに、これからの時代の生き方が示されています。

未来はわれわれによってつくられます。
みんなで明るい未来をつくりましょう!



企業概要

【商号】株式会社エヴァ・ビジョン

【住所】〒102-0083 東京都千代田区麹町6-2-1 麹町サイトビル6階
【電話番号】03-3239-7271
【代表者】 代表取締役会長 舩井勝仁
【役員】  代表取締役社長 小川雅弘
【事業内容】故・舩井幸雄をはじめとして、各界の著名人や話題の人を取り上げて、生き方、考え方、最新情報などをCD・DVDや月刊誌、セミナーといった媒体を通した情報発信事業。

お問合せはフリーダイヤル
0120-271-374
営業時間 平日:9:30〜18:00 株式会社エヴァ・ビジョン
・住所:〒102-0083 東京都千代田区麹町6-2-1 麹町サイトビル6階
・TEL: 03-3239-7271
・FAX: 03-3239-8280
・E-mail:info@evavison.jp



Top