2019年12月号『ザ・フナイ』

定価 1,650円(税込)
販売価格 1,650円(税込)
【マス・メディアには載らない本当の情報】がここにある。

2019年12月号 『ザ・フナイ』
特集
お金の不安をなくし、天国の門を叩く




◆特集
お金の不安をなくし、天国の門を叩く


対談 岡本和久&土井広文
 ハッピーマネー®でハッピーライフ! マネーは感謝のエネルギー


◆連載
副島隆彦
評論家、副島国家戦略研究所<SNSI>主宰
連載テーマ「誰も書かない世の中の裏側」
今月号タイトル:地震とは何か?(前編)

古歩道ベンジャミン
フリージャーナリスト
連載テーマ「新しい時代への突入」
今月号タイトル:倒産寸前のアメリカで分裂するユダヤ

船瀬俊介
地球環境評論家
連載テーマ「マスコミのタブー200連発」
今月号タイトル:未来に進む中国 過去に沈む日本

飛鳥昭雄
サイエンスエンターテイナー
連載テーマ「情報最前線――未来への指針」
今月号タイトル:GHQを引き継いだCIAの「在日による大和民族分断プロジェクト」‼特別編シリーズ

安西正鷹
『みち』論説委員
連載テーマ「お金の謎に迫る」
今月号タイトル:時間とお金の関係を読み解く(11)

金原博昭
オリオン形而上学研究所 代表
今月号タイトル:エジプトの謎 第一のトンネル《その魁

増田悦佐
経済アナリスト・文明評論家
連載テーマ「“主義”の没落と“もどき”の興隆」
今月号タイトル:意外なところで継承されている欧米崇拝の系譜(下)

加藤鉱
ジャーナリスト
連載テーマ「ぼくらは絶対現金主義……キャッシュレス社会は監視社会と同義語である!」
今月号タイトル:キャッシュレス化と監視社会との親和性

前田和男
ノンフィクション作家
連載テーマ「異聞“翳の錬金術師”吉村金次郎風雲録」
今月号タイトル:世界は俺を中心にまわっている! ゴルフ会員権から編み出された超錬金術



◆今月号の見どころを、一部ご紹介

巻頭対談
ハッピーマネー®でハッピーライフ!マネーは感謝のエネルギー
――――――――――――――16ページ
舩井 自分の労働時間を売って得たお金を回しているだけではいつまでたってもお金持ちにはなれないけれど、ある程度資産をつくれたらそれを運用しないとお金持ちになれないというのが、お金持ちになる法則などが描かれた本の共通原則です。土井さんもそれを実践されたのですね。散髪を奥さんにしてもらったり車の所有を一人1台から家族で1台に減らしたり庭の草を食べたりして、種銭をつくったということですよね。
土井 そうですね、今ではようやく時々は贅沢もできるようになりましたが、相変わらず髪は妻に切ってもらっていますし、携帯電話もかれこれ15年くらい同じものを使っていて、月額700円に抑えられています。
岡本 つまりは無駄を省くということですね。使わないでいいお金は使わない。それで本当に幸福感の増える使い方をすればいいと思うのです。その中に寄付も入ってくるかもしれないし、投資が手段としてあるのかもしれない。

連載
安西正鷹
お金の謎に迫る〈33〉
時間とお金の関係を読み解く(11)
――――――――――――――90ページ
新生国家アメリカは、誰もが予想した以上に民主的で、金儲け中心の社会へと移行していきます。その規模が拡大し、スピードが加速するにつれて、アメリカはこの時代を彩る平等主義的で商業的な活力を象徴する「建国の父」を、新たに、少なくとも一人は見出す必要に迫られました。
1790年にフランクリンが亡くなってから数十年の間に、「独立独行型ブルジョワのモラリスト」、あるいは「資本主義の代弁者」としてのフランクリンの近代的なイメージが作られていきました。フランクリンは、自伝が刊行されてからは特に、「大衆レベルで独立独行のビジネスマンを具現する者」、そして「アメリカン・ドリームの創造者」としての見方が強くなり、今日に至っています。
しかし、フランクリンに対するこうしたイメージは、一面的なものでしかありません。

短期集中連載
加藤鉱
『僕らは絶対現金主義……キャッシュレス社会は監視社会と同義語である!』
キャッシュレス化と監視社会との親和性
――――――――――――――146ページ
ヘタを打つと、日本も中国のようにスコアに翻弄される社会になりかねないが、いまのところ日本ではスコアで「人の格付け」を行うことへの抵抗感が強いようだ。ネットプロペクションズの調査によると、日本で信用スコアが普及することへの賛否で、反対が65%に達した。
反対の理由で多かったのは、個人情報を共有されることへの不信感、計算方法が不透明、監視されているような気味悪さなどで、日本でインフラとして機能させるにはハードルが高そうだ。



『ザ・フナイ』ってどんな雑誌?

【マス・メディアには載らない本当の情報】

選りすぐりの豪華執筆陣による、新聞・テレビなどが報道しない世界の裏の動き・情報を、毎月お届けしています。経営コンサルタントであった故・舩井幸雄が、日本と世界の将来を見据えて2007年に創刊した雑誌。舩井幸雄が自らの多様な人脈の中から選りすぐった豪華執筆者からの情報をはじめとして、まだ広く知られていない諸分野の情報、先がけた情報を、偏った一方的な見解ではなく様々な視点を用いて、毎月お届けしています。

→→年間購読のお申込みはこちらから!←←


連載執筆者

funaikatsuhito舩井勝仁
本誌主幹


soejima副島隆彦
評論家、副島国家戦略研究所<SNSI>主宰
連載テーマ「誰も書かない世の中の裏側」

ben古歩道ベンジャミン
フリージャーナリスト
連載テーマ「新しい時代への突入」

funase船瀬俊介
地球環境評論家
連載テーマ「マスコミのタブー200連発」

asuka飛鳥昭雄
サイエンスエンターテイナー
連載テーマ「情報最前線――未来への指針」

yayama矢山 利彦
Y.H.C.矢山クリニック院長
連載テーマ「「空海の人間学」(不定期)

shibu渋澤健
コモンズ投信株式会社会長
連載テーマ「変化を捉える価値視点」



『ザ・フナイ』を発刊する想い
funa「ザ・フナイ」は、経営コンサルタントだった故・舩井幸雄が、自らの多様な人脈の中から執筆者を選りすぐり、“マスメディアでは取り上げられない本当の情報”をはじめ、まだ広く知られていない諸分野の情報、先駆けた情報、および新しい世の中のヒントを提供したい、という強い意志と希望を持って2007年に創刊致しました。

『ザ・フナイ』を発刊するの目的は、世界の仕組み・事実を多くの視点から知っていただくことで、エゴからエヴァへの世界に向けてのヒントを感じていただけることを目的としています。

日本と世界の将来、地球と人類の行く末を真剣に考える人たちの意見を自由に掲載し、読者の皆さまに、さまざまな見方、意見、視点があることを充分にお知りいただいたうえで、どのような世界に自分は住みたいのか? をご自身で判断していく材料にしていただけるよう、多方面からの情報をお届けしています。

いま一番大事なのは、「自主」「自己責任」そして、それらを踏まえた「自由」です。
これまで積み上げてきた価値観が一気に崩れる瞬間をぜひご体感ください!



基本情報

□誌面サイズ:A5サイズ
□ページ数:232ページ
□料 金:
●1冊  1,650円(税込)
(送料サービス 代引便の場合、手数料が350円かかります)

●年間購読価格17,892円
(一冊あたり1,491円。送料・代引手数料込)
→→年間購読のお申込みはこちらから!←←

□代金のお支払い方法について : 代金引換便でのお届け以外にカード決済、払込票によるコンビニエンスストア及び郵便局に支払いによる、前払いにてお申し受けしております。

□海外発送について:発送は国内のみに限らせていただいております。


→→年間購読のお申込みはこちらから!←←
購入数

お問合せはフリーダイヤル
0120-271-374
営業時間 平日: 10:00〜17:00 株式会社エヴァ・ビジョン
・住所:〒108-0014
    東京都港区芝4-5-10
    ユニゾ芝四丁目ビル8階
・TEL: 03-5730-2710
・FAX: 03-5730-2720
・E-mail:info@evavision.jp





Top