2019年7月号『ザ・フナイ』

定価 1,650円(税込)
販売価格 1,650円(税込)
【マス・メディアには載らない本当の情報】がここにある。

2019年7月号 『ザ・フナイ』
特集
緊急提言!恐ろしい未来を透視する


◆緊急提言!恐ろしい未来を透視する
1.河合雅司(かわい・まさし)(作家・ジャーナリスト)&舩井勝仁(ふない・かつひと)
“未来の年表”絶滅に向かう日本人の「戦略的縮小」を考える

2.上部一馬(うわべ・かずま)(ジャーナリスト・作家)
日本は農薬・放射能汚染を解消しなければ自滅する!?


副島隆彦
評論家、副島国家戦略研究所<SNSI>主宰
連載テーマ「誰も書かない世の中の裏側」
今月号タイトル:ノートルダム寺院の大火災は、やらせ(捏造)であり、「ショック・ドクトリン」である

古歩道ベンジャミン
フリージャーナリスト
連載テーマ「新しい時代への突入」
今月号タイトル:世界支配網を失い混乱を呈する旧欧米権力

船瀬俊介
地球環境評論家
連載テーマ「マスコミのタブー200連発」
今月号タイトル:「信用創造」、銀行のペテン “空気”を貸してカネを盗る

飛鳥昭雄
サイエンスエンターテイナー
連載テーマ「情報最前線――未来への指針」
今月号タイトル:GHQを引き継いだCIAの「在日による大和民族分断プロジェクト」‼特別編シリーズ

安西正鷹
『みち』論説委員
連載テーマ「お金の謎に迫る」
今月号タイトル:時間とお金の関係を読み解く(6)

片桐勇治
政治評論家 国際政治アナリスト
連載テーマ「日本と世界を読み解く」
今月号タイトル:時代を動かす本源――構造と歴史の特異点㉛

渋澤健
コモンズ投信株式会社会長
連載テーマ「変化を捉える価値視点」
今月号タイトル:資本主義ではなく「合本主義」だった渋沢栄一

金原博昭
オリオン形而上学研究所 代表
今月号タイトル:エジプトの謎 第一のトンネル《その》

佳川奈未
作家、作曲家
今月号タイトル:戦うのをやめたとき、辛いことは終わる


今月号の見どころを、一部ご紹介

巻頭対談
河合雅司×舩井勝仁
“未来の年表”
絶滅に向かう日本人の「戦略的縮小」を考える
――――――――――――――
舩井 安倍総理が言うような日本人口1億人維持は、もう不可能なのでしょうか。
河合 無理です。そもそも、安倍政権の言う1億人規模維持は、外国人を入れての「維持」でした。2014年に行われた経済財政諮問会議に内閣府が提出した資料は初めて「移民」という言葉を使い、毎年20万人ずつ移民を受け入れたときのシミュレーションを発表しました。しかしながら、これは移民してきた人が日本で結婚して産んだ子どもの数を入れての1億人なのです。どこかの時点でネイティブな日本人とよそから来た日本人の数が逆転するときがくると、私は産経新聞の一面で書きました。その記事をきっかけに、安倍政権は「移民国家への意向は考えていない」としれっと言い換えましたね。
ただ、減少するスピードを遅くすることはできます。出生率1.00も1.99も、折り紙を半分に折る作業は変わりません。ですが、出生数が減っていく速度が変わりますから。現在の人口を維持しようと思えば2.07を超える状況まで戻さなければならない。それが実現できても出生数は減っていきます。なぜならば、過去の少子化で女の赤ちゃんも減っている。すなわち、子どもを産むことのできる年齢の女性が激減してしまうからです。

特集
上部一馬
日本は農薬・放射能汚染を解消しなければ自滅する!?
――――――――――――――――
2019年は大きな分岐点になるに違いない。というのも昨年12月30日にTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の発効にともない、2018年4月、種子法を廃止し種苗法を改正、水道事業を民営化、海や山までユダヤ系外資に売り渡す法令が今年スタートしたからに他ならない。
それだけではない。自国の種を捨て、遺伝子組み換え作物(GMO)の輸入を促進、これにセットされる猛毒除草剤「ラウンドアップ」(グリホサート)の食品残留基準値を400倍にまで規制緩和した。さらに福島原発周辺で収集した汚染土壌の「フレコンバッグ」を全国に搬入、農地に転用すべく実証実験もスタートしている。
これらを決議したのは、安倍自公維政権である。これでは日本国民は自滅、病死しかねない。現在、がんに罹るのは2人に1人とされるのだが、これでは10人中8人ががんに罹る時代がやってくるのではないだろうか。



『ザ・フナイ』ってどんな雑誌?

【マス・メディアには載らない本当の情報】

選りすぐりの豪華執筆陣による、新聞・テレビなどが報道しない世界の裏の動き・情報を、毎月お届けしています。経営コンサルタントであった故・舩井幸雄が、日本と世界の将来を見据えて2007年に創刊した雑誌。舩井幸雄が自らの多様な人脈の中から選りすぐった豪華執筆者からの情報をはじめとして、まだ広く知られていない諸分野の情報、先がけた情報を、偏った一方的な見解ではなく様々な視点を用いて、毎月お届けしています。

→→年間購読のお申込みはこちらから!←←


連載執筆者

funaikatsuhito舩井勝仁
本誌主幹


soejima副島隆彦
評論家、副島国家戦略研究所<SNSI>主宰
連載テーマ「誰も書かない世の中の裏側」

ben古歩道ベンジャミン
フリージャーナリスト
連載テーマ「新しい時代への突入」

funase船瀬俊介
地球環境評論家
連載テーマ「マスコミのタブー200連発」

asuka飛鳥昭雄
サイエンスエンターテイナー
連載テーマ「情報最前線――未来への指針」

kata片桐勇治
政治評論家 国際政治アナリスト
連載テーマ「日本と世界を読み解く」

yayama矢山 利彦
Y.H.C.矢山クリニック院長
連載テーマ「「空海の人間学」(隔月)

shibu渋澤健
コモンズ投信株式会社会長
連載テーマ「変化を捉える価値視点」



『ザ・フナイ』を発刊する想い
funa「ザ・フナイ」は、経営コンサルタントだった故・舩井幸雄が、自らの多様な人脈の中から執筆者を選りすぐり、“マスメディアでは取り上げられない本当の情報”をはじめ、まだ広く知られていない諸分野の情報、先駆けた情報、および新しい世の中のヒントを提供したい、という強い意志と希望を持って2007年に創刊致しました。

『ザ・フナイ』を発刊するの目的は、世界の仕組み・事実を多くの視点から知っていただくことで、エゴからエヴァへの世界に向けてのヒントを感じていただけることを目的としています。

日本と世界の将来、地球と人類の行く末を真剣に考える人たちの意見を自由に掲載し、読者の皆さまに、さまざまな見方、意見、視点があることを充分にお知りいただいたうえで、どのような世界に自分は住みたいのか? をご自身で判断していく材料にしていただけるよう、多方面からの情報をお届けしています。

いま一番大事なのは、「自主」「自己責任」そして、それらを踏まえた「自由」です。
これまで積み上げてきた価値観が一気に崩れる瞬間をぜひご体感ください!



基本情報

□誌面サイズ:A5サイズ
□ページ数:232ページ
□料 金:
●1冊  1,528円(税別)
(送料サービス 代引便の場合、手数料が350円かかります)

●年間購読価格17,892円
(一冊あたり1,491円。送料・代引手数料込)
→→年間購読のお申込みはこちらから!←←

□代金のお支払い方法について : 代金引換便でのお届け以外にカード決済、払込票によるコンビニエンスストア及び郵便局に支払いによる、前払いにてお申し受けしております。

□海外発送について:発送は国内のみに限らせていただいております。


→→年間購読のお申込みはこちらから!←←
購入数

お問合せはフリーダイヤル
0120-271-374
営業時間 平日: 10:00〜17:00 株式会社エヴァ・ビジョン
・住所:〒108-0014
    東京都港区芝4-5-10
    ユニゾ芝四丁目ビル8階
・TEL: 03-5730-2710
・FAX: 03-5730-2720
・E-mail:info@evavision.jp





Top