『ザ・フナイ』2019年2月号

定価 1,650円(税込)
販売価格 1,650円(税込)
『ザ・フナイ』2019年2月号
特集
共存か対立か 二極構造のゆくえ


◆共存か対立か 二極構造のゆくえ
1.片桐勇治(かたぎり・ゆうじ)(政治評論家、国際政治アナリスト)& 舩井勝仁(ふない・かつひと)(本誌主幹)
欧州王族連合が暗躍? 隠された世界の真実

2.片山エリコ(かたやま・えりこ)(特定非営利活動法人サクラF奉仕団理事長、株式会社リリベット社長、有限会社エリコエフカンパニー社長)&赤塚高仁(あかつか・こうじ)(赤塚建設代表取締役)& 舩井勝仁(ふない・かつひと)(本誌主幹)
日本人が知らない皇室の包容力



副島隆彦
評論家、副島国家戦略研究所<SNSI>主宰
連載テーマ「誰も書かない世の中の裏側」
今月号タイトル:ローマ・カトリック教会の性犯罪スキャンダル(後編)

古歩道ベンジャミン
フリージャーナリスト
連載テーマ「新しい時代への突入」
今月号タイトル:世界権力者の失脚劇に見る「革命」への動き

船瀬俊介
地球環境評論家
連載テーマ「マスコミのタブー200連発」
今月号タイトル:「創生水」水が燃える……石油文明は終焉に向かう

飛鳥昭雄
サイエンスエンターテイナー
連載テーマ「情報最前線――未来への指針」
今月号タイトル:GHQを引き継いだCIAの「在日による大和民族分断プロジェクト」‼(後編)

安西正鷹
『みち』論説委員
連載テーマ「お金の謎に迫る」
今月号タイトル:時間とお金の関係を読み解く(1)

片桐勇治
政治評論家 国際政治アナリスト
連載テーマ「日本と世界を読み解く」
今月号タイトル:時代を動かす本源――構造と歴史の特異点㉖

渋澤健
コモンズ投信株式会社会長
連載テーマ「変化を捉える価値視点」
今月号タイトル:経営者に必要な要素

金原博昭
オリオン形而上学研究所 代表
今月号タイトル:エジプトの謎 第一のトンネル《その》

大村大次郎
元国税調査官
新連載 連載テーマ「西郷隆盛の秘密資金」
今月号タイトル:西南戦争と「西郷札」


今月号の見どころを、一部ご紹介

巻頭対談
片桐勇治×舩井勝仁
欧州王族連合が暗躍? 隠された世界の真実
―――
舩井 片桐理論のユニークな点の一つに、FRBが実質的に機能を失ったという話もあります。
2014年8月9日にFRB は終わったと片桐さんはおっしゃいますが、何をもってそう分析されたのでしょうか。
片桐 基本は「契約」なのです。通常、国家間の契約は99年が最大で、100年以上のものはあまりありません。1914年から99年と364日がちょうど2014年の8月9日。そこで終わったのではないかと考えます。そしてFRBの終わりが意味するのは、基軸通貨のドル、原油決済通貨のドル、それから米軍の世界展開の終焉です。
舩井 FRBが終わり、米ドルが基軸通貨ではなくなりつつあるということですか。
片桐 米ドルが基軸通貨でなくなった証拠として確認できる現象は、原油の決済通貨がドル以外で始まること、それと米軍の世界展開が終わることです。

鼎談
片山エリコ×赤塚高仁×舩井勝仁
日本人が知らない皇室の包容力
―――
片山 私はとにかく皇室の方たちが大好きなのです。私たち国民の平和と安寧をいつも祈ってくださり、無償の愛で包んでくださっています。そんな天皇陛下、皇后陛下に何かご恩返しがしたかった。明日からまた皇居勤労奉仕に行ってまいります。勤労奉仕に参加し始めて10年になります。天皇皇后両陛下にご会釈いただくと、本当に心が温かく、大きな愛に包まれていることを感じるのです。こんなに愛に満ちた大王は他の国にはいません。私たちは素晴らしい国に生きているのだとしみじみ思いますし、そこのアイデンティティを失わなければ、必ずうまくいくということだけは申し上げたいのです。新しい御代になっても、今後もご奉仕を続けていきたいと思っています。
赤塚 そうですね。日本はこれまで、どんなことがあっても復興してきました。ですが、天皇陛下という背骨がなくなってしまったら、日本は終わります。今、非常に危機が迫っているのは、お世継ぎがいなくなってしまう問題です。

短期連載
大村大次郎
西南戦争と「西郷札」
―――
最後は、やはり、西南戦争ということになります。
まず、西南戦争の経緯を簡単にご説明しましょう。いろいろなところで語られているので、ご存じの方も多いとは思います。
前回までにお話ししたように、明治新政府は廃藩置県(1871年)を行い、藩を解体しました。そして、武士たちは、これまでの特権を放棄することになったのです。
当然、各地の武士たちには不平が溜まります。
この不平士族の扱いに、新政府は困っていました。
そこで、不平士族たちを韓国に差し向けようという考えが出てきました。



『ザ・フナイ』ってどんな雑誌?

【マス・メディアには載らない本当の情報】

選りすぐりの豪華執筆陣による、新聞・テレビなどが報道しない世界の裏の動き・情報を、毎月お届けしています。経営コンサルタントであった故・舩井幸雄が、日本と世界の将来を見据えて2007年に創刊した雑誌。舩井幸雄が自らの多様な人脈の中から選りすぐった豪華執筆者からの情報をはじめとして、まだ広く知られていない諸分野の情報、先がけた情報を、偏った一方的な見解ではなく様々な視点を用いて、毎月お届けしています。

→→年間購読のお申込みはこちらから!←←


連載執筆者

funaikatsuhito舩井勝仁
本誌主幹


soejima副島隆彦
評論家、副島国家戦略研究所<SNSI>主宰
連載テーマ「誰も書かない世の中の裏側」

ben古歩道ベンジャミン
フリージャーナリスト
連載テーマ「新しい時代への突入」

funase船瀬俊介
地球環境評論家
連載テーマ「マスコミのタブー200連発」

asuka飛鳥昭雄
サイエンスエンターテイナー
連載テーマ「情報最前線――未来への指針」

kata片桐勇治
政治評論家 国際政治アナリスト
連載テーマ「日本と世界を読み解く」

yayama矢山 利彦
Y.H.C.矢山クリニック院長
連載テーマ「「空海の人間学」(隔月)

shibu渋澤健
コモンズ投信株式会社会長
連載テーマ「変化を捉える価値視点」



『ザ・フナイ』を発刊する想い
funa「ザ・フナイ」は、経営コンサルタントだった故・舩井幸雄が、自らの多様な人脈の中から執筆者を選りすぐり、“マスメディアでは取り上げられない本当の情報”をはじめ、まだ広く知られていない諸分野の情報、先駆けた情報、および新しい世の中のヒントを提供したい、という強い意志と希望を持って2007年に創刊致しました。

『ザ・フナイ』を発刊するの目的は、世界の仕組み・事実を多くの視点から知っていただくことで、エゴからエヴァへの世界に向けてのヒントを感じていただけることを目的としています。

日本と世界の将来、地球と人類の行く末を真剣に考える人たちの意見を自由に掲載し、読者の皆さまに、さまざまな見方、意見、視点があることを充分にお知りいただいたうえで、どのような世界に自分は住みたいのか? をご自身で判断していく材料にしていただけるよう、多方面からの情報をお届けしています。

いま一番大事なのは、「自主」「自己責任」そして、それらを踏まえた「自由」です。
これまで積み上げてきた価値観が一気に崩れる瞬間をぜひご体感ください!



基本情報

□誌面サイズ:A5サイズ
□ページ数:240ページ前後
□料 金:
●1冊  1,528円(税別)
(送料サービス 代引便の場合、手数料が350円かかります)

●年間購読価格17,892円
(一冊あたり1,491円。送料・代引手数料込)
→→年間購読のお申込みはこちらから!←←

□代金のお支払い方法について : 代金引換便でのお届け以外にカード決済、払込票によるコンビニエンスストア及び郵便局に支払いによる、前払いにてお申し受けしております。

□海外発送について:発送は国内のみに限らせていただいております。


→→年間購読のお申込みはこちらから!←←
購入数

Top